MENU

消費者金融と銀行の違いはあまりない

趣味のパチンコのために借りました(男性/40代)

パチンコが趣味で、給料が入るとすぐにパチンコに行ってしまうくらいハマっていました。

 

自分では負けてもすぐに取り返せると思うのですが、
そんなに上手くいくはずもなく、月の半ばにはもう金欠状態でした。

 

そのため、消費者金融はもちろん、銀行でもお金を借りたことがあります。

 

以前の消費者金融は取立てが厳しく金利が高いためダークなイメージがありましたが、
今は銀行と取り立てて言うほどの違いはありません。

 

最近では銀行の子会社になったりグループ会社になっているところが多いですから、
消費者金融が銀行に近づいているということでしょう。

 

私個人としては、銀行の使い勝手が消費者金融並になって喜んでいます。

 

やはり消費者金融を利用しているというより、
銀行を利用していると言ったほうがイメージが良いです。

 

銀行は審査のスピードがアップし、
消費者金融のように借り方も簡単になってきています。

 

即日融資を受けられるところもありますから、
以前のような審査が遅い厳しいというイメージを持っている方は驚かれるかもしれません。

 

もちろん銀行にもいろいろありますから、サービスにも違いがあります。
しかし、消費者金融のような利便性の高い銀行が多くなりつつあるのは事実です。

 

ただ、借りやすくなったことで、ついつい借りる金額が大きくならないように気を付けています。

 

消費者金融と銀行のカードローンの違いを知ろう

手続きが簡単でお金を借りる方法

手軽にお金を借りる方法としては消費者金融のキャッシング、さらに銀行のカードローンがあげられます。
これらの方法はいずれの場合も基本的に借り入れの際は担保や保証人は必要ありません

 

そしていずれの場合も小額の利用であれば手続きの際に必要な書類も少ないです。
運転免許証などの本人であることを確認できる書類を提出すれば手続きを行うことができます。

 

さらに手続きについても来店だけではなく、
インターネットや電話、郵送など来店なしの手続きに対応しているところも多くなっています。

 

いずれの借り入れの場合も基本的には用途は自由となっていて、
限度額の範囲内であれば何度も借り入れを行うことができます。

 

しかし、それぞれサービス内容は少しずつ違いますので、その違いを理解しておきましょう。

 

消費者金融のサービスを知る

消費者金融は貸金業者のひとつで、銀行よりも手軽に借り入れ手続きができることが特徴です。
即日融資などスピード対応ができるところもメリットです。

 

利用できる条件としては、満20歳以上であること、
そして安定した収入を得ていることが借り入れの条件となっています。

 

消費者金融は総量規制の対象となっており、
借り入れができる金額は契約者の年収の3分の1までです。

 

それゆえにまったく仕事を持っていない専業主婦の方や無職の方の場合には対応していませんが、
パートやアルバイト、自営業の方にも対応していることが多くなっています。

 

基本的には身分証があれば手続きを始めることができますが、50万円以上の借り入れ、
他社と合わせて100万円を超える借り入れの場合は収入を証明できる書類の提出も必要です。

 

銀行カードローン

銀行カードローンも消費者金融と同様に便利なサービスで、使い方、手続きの方法もよく似ています。

 

特にわかりやすい違いとしては、銀行の貸付は総量規制の対象外となっており、
年収の3分の1以上の借り入れもできることです。

 

そして、銀行の場合は配偶者の方に安定した収入があれば
専業主婦にも対応していることが多いことが挙げられます。

 

金利については消費者金融も以前と比べると高くはありませんが、
それよりもさらに低金利となっていますのでまとまった借り入れをしたい時に便利です。

 

また、長期に借り入れをしたい場合も銀行から借りることを検討すると良いでしょう。

 

まとまった金額を低金利で借りられるということもあり、
おまとめローンや借り換え目的で利用している人も多くなっています。

 

カードは新たに借り入れ用に発行してもらうこともできますし、
すでに口座を持っている場合はキャッシュカードにローンの機能をつけてもらうこともできます。