MENU

総量規制の対象外の銀行系キャッシング

キャッシングの借り換えをして銀行系に(女性/30代)

生活費の足しにしたり、バーゲン時期等にまとめて使ったりで、
いくつかの消費者金融にキャッシングしていました。

 

ですが徐々に返すのが大変になってしまいました。

 

キャッシングというのは返済日が会社によって違ってきますので、
毎月いくつもの返済日を抱えることになり管理が大変です。

 

いくつもの返済を抱えるのは精神的にもストレスになってしまいました。
そこで金利の低いキャッシングに借り換えができないかと思い調べてみました。

 

銀行系のキャッシングはもともと金利が低く抑えられているので、
借り換えることで返済総額を抑えることができるというメリットがあります。

 

しかも年収の1/3を超える金額は借りれることができないという総量規制の対象外となるため、
将来的に大きな金額を借り入れしたい時もそのまま続けて利用することができます。

 

メリットが多かったので銀行系のキャッシングに借り換えをすることにして、
以前より返済総額を引き下げることもできました

 

メガバンクのキャッシングなのでATM等も豊富にあり、
借り入れや返済もしやすいので利便性も良かったです。

 

総量規制の対象になると困ることもあるので、
対象外のカードを持っていると何かと心強いという安心感もあります。

 

銀行系カードローンによるキャッシングは総量規制の対象外

総量規制とは

借金をする際に意識する必要があるのが、総量規制です。
総量規制は、貸金業法の改正によって導入されました。

 

総量規制では、年収の3分の1以上の借り入れができないという制限があります。
例えば、年収300万円の人なら、総量規制によって借入可能額が100万円までとなります。

 

年収のない人にお金を貸すと、貸金業者側が貸し倒れによって損失を被ったり、
借金をした人が返済できなくなり、多重債務状態になるなどのリスクが高いからです。

 

貸し手、借り手の双方を保護するために設けられた制度です。

 

総量規制の対象は

年収の3分の1までしか借り入れができないとなると、
年収がゼロの専業主婦などは一切お金を借りられないことになります。

 

しかし、実際には年収ゼロでも借り入れを行うことが可能です。
これには理由があります。

 

総量規制は貸金業法の改正によって導入されました。

 

そもそも貸金業法の対象とならないところからお金を借りれば、
年収の3分の1という制限がありません。

 

貸金業法の対象となるのは貸金業者です。
いわゆる消費者金融が貸金業者にあたります。

 

一方、銀行は金融業者ではあるものの貸金業者ではありません。
そのため、銀行の業務を規制する法律は貸金業法ではなく銀行法です。

 

銀行法では総量規制が定められていないため、銀行系のカードローンを利用してキャッシングすれば、
年収ゼロでも借り入れ可能
です。

 

銀行系キャッシングは審査が厳しめ

総量規制の対象外となっている銀行系カードローンですが、
銀行側としては貸し倒れを出したいはずがありません。

 

そのため、年収ゼロの人に貸し出すことはあるものの、
審査は消費者金融系のカードローンと比べると厳しい傾向があります。

 

特に年収ゼロの人に貸し出す場合には、きちんとした資産があるのかどうかなどが、
より厳しくチェックされる可能性があります。

 

結果として銀行系カードローンの審査は、
消費者金融系カードローンの審査よりも審査期間が長くかかることがあります。

 

すぐにお金を借りたいという場合でも、やや時間がかかる可能性があるので注意しましょう。

 

もっとも、前もって借り入れを計画しているのならば、
早めに申し込みを行って審査をスタートさせておくことをおすすめします。

 

審査期間がやや長くなっても問題なく資金を入手できます。

 

銀行系カードローンには、年収ゼロでも借りられる可能性があることに加えて、
金利水準が低めとなるメリットもあります。

 

審査が厳しい分貸し倒れのリスクが低くなるので、
銀行にとってのリターンにあたる利息も少なくて済みます。